福岡大大濠 延長11回の激闘制し4年ぶり8強!8番・松尾決勝弾

2021年03月26日 14:06

野球

福岡大大濠 延長11回の激闘制し4年ぶり8強!8番・松尾決勝弾
<具志川商・福岡大大濠>延長11回無死、福岡大大濠・松尾は左越えに勝ち越しソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第2試合 2回戦   福岡大大濠8―4具志川商 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。九州勢対決となった第2試合では、福岡大大濠(福岡)が延長11回の激闘の末に8―4で具志川商(沖縄)に勝利し、4年ぶりに8強入りした。
 福岡大大濠は初回2死二塁から川上陸斗の左前適時打で先制。同点に追いつかれた直後の2回1死三塁から松尾光気の中前適時打で勝ち越した。1点を追った4回1死一塁からは吉田颯の左中間適時二塁打で同点。6回1死三塁から代打・福沢雄太の右犠飛で勝ち越し。再び同点で迎えた延長11回無死から松尾の左越え本塁打で勝ち越し、さらに1死三塁から友納周哉が右前適時打を放つなど3点を追加した。

 投げてはエース左腕・毛利海大が延長10回途中まで粘りの投球で4失点。代わった2年生右腕・馬場拓海がリードを守り切った。

 具志川商は初回2死から新川俊介が左中間へソロ本塁打し同点。1点を追う3回1死一塁から大城勢武太の左中間適時二塁打で追いつき、続く島袋大地の左前適時打で勝ち越した。再び1点を追った6回2死満塁から比嘉の押し出し四球で同点。先発した背番号6の右腕・粟国陸斗は2回4安打2失点、エース右腕・新川俊介が3回からマウンドに上がったが、延長11回に決勝点を奪われた。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム