鳥取城北・山木監督「よく頑張った。次につながる」あと1本出ず…東海大相模相手に0―1惜敗

2021年03月26日 11:13

野球

鳥取城北・山木監督「よく頑張った。次につながる」あと1本出ず…東海大相模相手に0―1惜敗
<鳥取城北・東海大相模>鳥取城北の先発・山内(撮影・後藤 大輝) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第1試合 2回戦   鳥取城北0―1東海大相模 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第1試合では、鳥取城北(鳥取)が0―1で東海大相模(神奈川)に惜敗し、1回戦の初勝利に続くセンバツ2勝目はならなかった。
 先発した背番号11の右腕・山内龍亜は9回途中まで1失点と好投。初回1死一、二塁、3回1死一、二塁、7回1死一、二塁、9回1死三塁と好機をつくったものの、あと1本が出なかった。

 山木博之監督(45)は試合後、「よく頑張った。次につながる」とナインを称え、山内の先発について「普通にいっても東海大相模相手には難しい。ただ8回まで行けると思っていなかった。よく投げてくれた。特にフォークがよかった」と言い、「東海大相模とこういう試合ができたことは大きな自信につながる。夏に十分につながる試合ができた」と話した。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム