福岡大大濠・松尾 延長11回決勝本塁打「毛利のために何とかしたかった」

2021年03月26日 14:11

野球

福岡大大濠・松尾 延長11回決勝本塁打「毛利のために何とかしたかった」
<具志川商・福岡大大濠>延長11回無死、勝ち越しソロ本塁打を放った松尾(8)を出迎える福岡大大濠ナイン(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第2試合 2回戦   福岡大大濠8―4具志川商 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。九州勢対決となった第2試合では、福岡大大濠(福岡)が延長11回の激闘の末に8―4で具志川商(沖縄)に勝利し、4年ぶりに8強入りした。
 同点で迎えた延長11回無死から8番・松尾光気が左越え本塁打して勝ち越し、さらに1死三塁から友納周哉が右前適時打を放つなど3点を追加。投げてはエース左腕・毛利海大が延長10回途中まで粘りの投球で4失点。代わった2年生右腕・馬場拓海がリードを守り切った。

 試合後、松尾は「毛利が一生懸命に投げていたので何とかしたいと思って打席に入った。勝てて良かったです。毛利のために何とかしたかった。甘い球だけを待って強く振りました。次につなごうと思って打席に入りました」と声を弾ませた。この日の3安打には「常につなぐ意識を持っています。しっかり打ててよかったです。冬場の練習が身になっていると思う」と話した。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム