明豊2年ぶり8強 同点の7回 代打・竹下が小園から決勝適時打

2021年03月26日 16:32

野球

明豊2年ぶり8強 同点の7回 代打・竹下が小園から決勝適時打
<市立和歌山・明豊>  7回2死三塁 明豊の代打・竹下が勝ち越し適時打を放つ(投手・小園)(撮影・成瀬 徹)   Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第3試合 2回戦   明豊2-1市和歌山 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第3試合では、明豊(大分)が2-1で市和歌山を下し、2年ぶりに8強入りした。
 明豊は、3回に3番・米田友が甲子園春夏通算2500号となる右中間へのソロアーチで先制。6回に同点とされたが、7回に代打の竹下聖人が市和歌山・小園健太の変化球をとらえて左前適時打。勝ち越しに成功した。

 投げては先発した背番号10の左腕・太田虎次朗が7回途中で降板。一、二塁のピンチから登板した2番手の財原光優が後続を断った。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム