市和歌山・小園 悔しさ押し殺し「力不足。相手より自分と戦っているような最悪なピッチング」

2021年03月26日 17:28

野球

市和歌山・小園 悔しさ押し殺し「力不足。相手より自分と戦っているような最悪なピッチング」
<市和歌山・明豊>5回からマウンドに上がった市和歌山・小園(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第7日第3試合 2回戦   市和歌山1-2明豊 ( 2021年3月26日    甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第7日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われた。第3試合では、市和歌山が明豊(大分)が1-2で敗れ、8強入りを逃した。
 大会屈指の好右腕で1回戦で県岐阜商を完封した市和歌山の小園健太はベンチスタート。先発は右腕・米田天翼(つばさ)が起用された。

 米田は4回1失点と踏ん張り、1点を追う5回から小園が登板。小園は最速147キロを軸に5、6回と無失点で切り抜けたものの、7回先頭に安打を許すと2死から変化球をとらえられて勝ち越しを許した。8回には1死から左越え二塁打を許してピンチを招いたが、後続を連続三振で仕留めてしのいだ。

 打っては6回、3番・松川虎生が中前適時打で一時同点に追いついたが、7回以降追加点が奪えず及ばなかった。

 試合後、小園は決勝打を許した場面を「三振か空振りを狙いにいったけど、泳がせながら運ばれたしまった力不足だった」と振り返った。「疲れはなかった。相手と戦っているより自分と戦っているような最悪なピッチングをしてしまった。流れを自分のピッチングに持ってこないといけないのに、ストライク先行で流れをもってこれなかった」と肩を落とした。

 中学時代からバッテリーを組む女房役の松川とは球場を去る際、「打たれてごめんと言ったら、松川は“気にするな、また夏来よう”と言ってくれた」と会話を交わしたという。「甲子園は小さい時から夢に見てきて、すばらしい場所だった。でも同時にすごく怖い場所だと思った」と心境を吐露。「ストライク先行できなかったことが課題。また鍛えて夏に来たい」と前を向いた。
 

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム