大谷翔平は「全てがそろい始めている」 打撃コーチが絶賛「見ていて楽しい」

2021年03月26日 10:35

野球

大谷翔平は「全てがそろい始めている」 打撃コーチが絶賛「見ていて楽しい」
エンゼルスの大谷翔平(球団提供) Photo By 提供写真
 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は25日(日本時間26日)、アリゾナ州スコッツデールで行われたロッキーズとのオープン戦に「2番・DH」で出場し、3打数1安打1本塁打1打点。オープン戦日本人選手最多タイとなる5号本塁打を放ち連続試合安打を11に伸ばした。打率は・571。7回に代打を送られ退いた。
 1回、先発左腕ゴンバーの初球内角より90マイル(約145キロ)の速球を左翼ポール側へ5号本塁打を放った。これまでオープン戦日本人最多本塁打は04年と05年に5本塁打を放った松井秀喜(当時ヤンキース)だったが、ついに大谷が肩を並べた。この一打でオープン戦の連続試合安打も11に伸びた。2打席目は82マイル(約132キロ)のスライダーに三ゴロ、3打席目は90マイル(約145キロ)の内角速球にやや差し込まれ左飛に倒れた。

 この日は3打席ともに左腕ゴンバーとの対戦だった。大谷はその他の主力選手とともに26日(同27日)に本拠地アナハイムに戻る予定。

 打率・571、5本塁打、OPS1.701でアリゾナでのオープン戦を締めた大谷に対し、ジェレミー・リード打撃コーチは試合後のオンライン会見で「ここ数年は健康面での要素が大きかった。今年は本当に健康を保てている。左足が強靭になり、見ていて楽しい。両サイドのボールに対し、全てがそろい始めているのを実感している」と絶賛した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム