広島 まさかの大逆転負け 8回に大瀬良が暗転 開幕戦勝利は3年連続でストップ

2021年03月26日 21:00

野球

広島 まさかの大逆転負け 8回に大瀬良が暗転 開幕戦勝利は3年連続でストップ
<広・中(1)>8回2死三塁、ビシエドに逆転の2点本塁打を打たれたケムナ (撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   広島6ー7中日 ( 2021年3月26日    マツダ )】 広島が、中日に逆転負けで開幕戦を落とした。
 初回に西川の先制2ラン、2回には菊池涼の2点適時打で4点をリードする展開。先発の大瀬良は7回まで3安打無失点と好投していたが、8回に暗転した。

 1死満塁から阿部に適時打を浴びて2点を失うと、大瀬良は降板。さらに塹江が高橋周の二ゴロの間に1点を失うと、3番手のケムナが2死三塁からビシエドに逆転2ランを被弾。大瀬良の3年連続開幕戦勝利も消えた。

 打線は3点差の9回、1死二塁から代打・坂倉が適時打を放ち、さらに菊池涼も右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ったが、反撃は1点及ばず。

 勝てば、4年連続の開幕戦勝利だったものの、痛い逆転負けをくらった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月26日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム