広島新庄 連勝46でストップ 大可主将「先制したところでリズムに乗り切れなかった」

2021年03月28日 05:30

野球

広島新庄 連勝46でストップ 大可主将「先制したところでリズムに乗り切れなかった」
<智弁学園・広島新庄> 智弁学園に敗れた広島新庄ナイン (撮影・後藤 大輝) Photo By スポニチ
 【第93回選抜高校野球大会第8日第1試合 2回戦   広島新庄2-5智弁学園 ( 2021年3月27日    甲子園 )】 広島新庄は、近畿王者に力を出し切ることができず、新チーム結成以降の公式戦連勝は11、練習試合を含む連勝は46で止まった。
 大可尭明(たかあき)主将は「2回に先制したところでリズムに乗り切れなかった」と唇をかんだ。小畠を捉えきれず、6安打は全て単打。得点した2、8回以外は二塁に走者を進めることもできなかった。

 宇多村聡監督は「長打が出なくても、しぶとくヒットを打ってつないでいく。その中でも思い切り智弁さんのように振れる力を伸ばしていきたい」と夏に視線を向けた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム