阪神・梅野 存在感ありありの猛打賞 虎の天敵・田口をKO打 「絶対にランナー還す気持ちで打った」

2021年03月28日 05:30

野球

阪神・梅野 存在感ありありの猛打賞 虎の天敵・田口をKO打 「絶対にランナー還す気持ちで打った」
<ヤ・神(2)>3回1死満塁、梅野は右翼線に2点適時二塁打を放つ(投手・田口)(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   阪神9ー5ヤクルト ( 2021年3月27日    神宮 )】 抜け目ない攻撃を体現したのは、頼もしい背番号2だ。阪神・梅野が3安打3打点で今季初の猛打賞。佐藤輝の後ろに控える「恐怖の7番」として存在感を存分に発揮した。
 「ヤギ(青柳)に追加点を取ってあげたかったですし、テル(佐藤)も四球でつないでくれたので絶対にランナーを還してやるという気持ちで打ちました」

 1本目は4点リードの3回だ。1死二、三塁で前の打席でプロ1号を放った佐藤輝が四球を選び満塁。田口の外寄りスライダーを逆らわずに右翼線へ運んだ。21年初の長打となる2点二塁打。「神宮というところで1点でも多くという気持ちが守る方も強い。取れる時に取る」と、球場の特性も頭に入れ、捕手目線で集中力を研ぎ澄ませ快音を奏でた。

 この一打で巨人時代に11勝を献上した苦手の田口から最多6点を奪い豪快にKO。7回に左前打し9回に巡ってきた2死三塁では左翼線への適時二塁打で勝利を決定付けた。佐藤輝の後ろでにらみを利かせる形でクラッチヒッターとして大暴れし打線に厚みを持たせた。

 昨年は開幕2試合目でスタメンを外れ「言葉に表せない」悔しさを味わった。正捕手でありながら、逆襲の思いを強くして臨む今季。まずはフル出場で開幕2連勝に導いた。

 「(青柳は)粘れたっていうのもあるし、1イニングでも、1人でもっていうところに関しては投げ切れたんじゃないかな」。最後は女房役の顔をのぞかせ、バッテリーでつかんだ勝利をかみしめた。 (遠藤 礼)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年03月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム