右ヒラメ筋損傷のマー君は2軍戦経ずにぶっつけ登板か 3週間で復帰へ石井監督「当初通り」

2021年04月02日 16:49

野球

右ヒラメ筋損傷のマー君は2軍戦経ずにぶっつけ登板か 3週間で復帰へ石井監督「当初通り」
楽天・田中将大 Photo By スポニチ
 右ふくらはぎ違和感のため出場選手登録を外れている楽天の田中将大投手について、石井一久監督は2日、2軍戦を経ずに“ぶっつけ本番”で公式戦登板する可能性を示唆した。
 2軍でのリハビリ登板について問われ、「本人次第ですが、基本的にはないかなとは思います。そのままシーズンに入っていくのかなと思う」と答えた。

 田中将は開幕2戦目となる3月27日の日本ハム戦(楽天生命)先発を予定していた。だが、25日の練習中に患部に違和感を訴え、検査の結果「右ヒラメ筋損傷で試合復帰まで3週を要する見込み」と診断されていた。

 3週間後となると、17日の日本ハム戦(東京ドーム)にあたる。現時点での復帰見込みについて「当初通りですね」と石井監督は順調さを強調。「だいぶ状態が良くなってきた。ブルペンでの出力を少しずつ出し、耐えられるものができているのか、という回復を見る作業に今とりかかっている。近々、もう一段階力強いブルペン投球があると思う」とより力を入れたブルペン投球を見て、復帰戦を見定める考え。

 またぶっつけ本番で登板する可能性が高いため、「3週間近く試合から離れているので。球数はこっちでコントロールしてスタートさせたい」といきなり無理はさせず、最低限の球数制限をした上での復帰登板となりそうだ。

 この日の田中将は試合前練習でキャッチボールを行い、走力のサーキットトレーニングをこなした。順調な経過からか、笑顔がこぼれるなどリラックスした表情で汗を流した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月02日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム