「大本命」糸原が3月度のMVP SNS連動企画「ファンが選ぶ月間MVP」で最多票獲得

2021年04月13日 05:30

野球

「大本命」糸原が3月度のMVP SNS連動企画「ファンが選ぶ月間MVP」で最多票獲得
「ファンが選ぶ月間MVP」で3月のMVPに輝いた阪神・糸原
 今年もやります!SNSとの連動企画「ファンが選ぶ月間MVP」の投票を阪神担当のツイッター上で実施し、糸原健斗内野手(28)が最多票を集め3月度のMVPに輝いた。開幕から3月5試合全てに安打するなど21打数10安打の打率・476と打ちまくり1番近本の不調をカバーした働きに、称賛の声が集まった。4選手に計2774票が集まった中、糸原は約6割の1663票を獲得。開幕カード3連勝を飾るなどチームのスタートダッシュに貢献し、虎党からの評価を集めた。
 何より打撃面での働きが際立つ。3月5試合の打率はチームトップの・476。『まことら』さんは「連続安打だけでなく、出塁する、つなぐ、還すという全ての役割を場面によって演じ分けてチームをけん引していたと思います」と状況に応じた貢献を力説。『めいてゃ◎』さんは「自分自身も新たなスタート。しんどい毎日ですが、糸原選手に元気と勇気をもらっています。泥臭く戦う姿勢は、とても輝いています!」と心酔しきった様子だ。

 最も多かった選出理由は2番打者としての躍動ぶり。『よしよしさん』さんは「近本選手の調子が上がらない中で、糸原選手の出塁がなければなかなか点は取れなかったと思いますし、観戦したとき本当にベンチから声がよく聞こえました」といえば『虎の鷹師』さんは「チカ絶不調の上位打線を1人で引っ張って、得点につなげていた姿はMVPに値します。彼の活躍なくして首位スタートはなかったと思う」と称えた。

 4月に入っても打ち続け、すでに4度の3安打以上を記録し打率・400はリーグ2位。13日に対戦する広島・森下に対しても前回3月30日の対戦で唯一の安打を放っている。「いい流れでチームもきていると思うので、もう一回気を引き締めて森下を攻略できるように準備していけたらいい」。難敵攻略をけん引し、首位固めに入る。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月13日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム