ダルビッシュ パドレス移籍後初勝利 95球省エネで7回1失点 松山Vで刺激

2021年04月14日 02:30

野球

ダルビッシュ パドレス移籍後初勝利 95球省エネで7回1失点 松山Vで刺激
<パイレーツ・パドレス>移籍後初勝利を挙げたダルビッシュ(AP) Photo By AP
 【ナ・リーグ   パドレス6ー2パイレーツ ( 2021年4月12日    ピッツバーグ )】 パドレスに移籍して3試合目。ダルビッシュが95球の省エネ投球で7回1失点に抑えて今季初勝利を記録し「今日は一つでも多くアウトを取って、できれば7、8回までと考えていた」と胸を張った。
 前日は先発のモレホンが初回に負傷降板。そこから救援6人を投入し競り勝った。序盤からリズム良く投球し「調子も上がった」という4回以降は直球主体に攻めの投球。見事にイニングを稼いだ。

 新天地で早くもチームに溶け込む。9日に無安打無得点を達成した同僚マスグローブには「彼はコーヒーが好き」との理由でコーヒー柄のスパイクをプレゼント。前日にゴルフのマスターズを制した松山英樹からも刺激を受け「凄いことをしたので、本当におめでとうございます」と祝福のコメントも発した。

 次回はドジャース戦でド軍時代に親交を深めたカーショーと初めて投げ合う予定。「移籍後一切メッセージをくれない。ライバルチームということでカーショーは本当にプロだなと」と冗談めかしたが、サイ・ヤング賞3度の左腕との投げ合いは全米が注目するだろう。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月14日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム