阪神・梅野が「足」で藤浪の驚弾アシスト 矢野監督がポイントに挙げた「完璧な」二盗

2021年04月17日 05:30

野球

阪神・梅野が「足」で藤浪の驚弾アシスト 矢野監督がポイントに挙げた「完璧な」二盗
<神・ヤ>5回2死に二盗を決めた阪神・梅野は、7回2死、右翼手・山崎の落球で一気に三塁を陥れる好走塁を見せる(右は遊撃手・西浦)(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   阪神2ー0ヤクルト ( 2021年4月16日    甲子園 )】 大胆策が藤浪の驚弾を呼んだ。5回2死。一塁走者の阪神・梅野は藤浪の打席で1ストライクからの2球目にスタートを切った。送球すらさせない完璧な二盗で相手バッテリーにプレッシャーをかけ、最高の結果をもたらした。
 「結果的には、そこやね。ランナー一塁で投げるのとランナー二塁で投げるのでは違うしね。そこは1点をやりたくないから、外野も前に来るしね」

 矢野監督も勝利のポイントに挙げたワンプレー。もし失敗していれば次の回の攻撃は投手の藤浪から。代打策の可能性があったにしても、なかなか走れない場面だ。「結果がホームランというのはビックリするけど。俺らの野球がやれているところが、あのホームランにもつながっていると思う」と指揮官も手応え十分だった。

 2回1死一塁でも足が速くないサンズが意表を突く二盗を試みて失敗。チームとして開幕から17度目の企図で初めての盗塁死になっても、積極的な走塁姿勢は全員に浸透している。梅野の好判断がそれを象徴していた。

 《セ2位の開幕16企図連続盗塁成功》阪神は2回、サンズの二盗失敗で今季チーム初の盗塁死。開幕から17企図目だった。2リーグ制以降、開幕から16企図連続盗塁成功は、64年の9企図を更新する球団新記録。全体でも52年国鉄の19、72年南海の17に次ぐ3番目で、セ・リーグ2番目の記録となった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月17日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム