ダルビッシュ、7回1失点で今季初黒星も 緊張感あふれるカーショーとの“エース対決”

2021年04月18日 13:04

野球

ダルビッシュ、7回1失点で今季初黒星も 緊張感あふれるカーショーとの“エース対決”
<パドレス・ドジャース>パドレスの先発・ダルビッシュ(AP) Photo By AP
 【ナ・リーグ   パドレス0―2ドジャース ( 2021年4月17日    サンディエゴ )】 パドレスのダルビッシュ有投手(34)は17日(日本時間18日)、本拠地ペトコパークでのドジャース戦で今季4度目の先発登板。初めてドジャースのエース、クレイトン・カーショウと投げ合った。
 ダルビッシュはチームOPS・842とメジャー最強打線に対し、5回2死まで一人の走者も許さない完璧なピッチング。しかし2死から6番マッキンストリーに1-1から投げたカーブが足に当たり死球、7番レイリーにもカーブを詰まった中前打、8番バーンズにはフルカウントから四球を選ばれ、二死満塁のピンチ。9番カーショウとの勝負となったが、この打席8球全部がカッターで、フルカウントから押し出しの四球、唯一の失点となった。

 ダルビッシュは6回、7回は3者凡退と立ち直り、走者を出したのは5回だけだった。7回を投げ、1安打2四球1死球、9奪三振の1失点。

 一方カーショウは6回を投げ、2安打2四球、8奪三振の無失点。試合は9回にジャスティン・ターナーの本塁打で追加点を加えたドジャースが2対0で勝った。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月18日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム