日本ハム・アーリン、初登板で日本式“洗礼” 序盤スクイズ決められ「驚いた」

2021年04月19日 05:30

野球

日本ハム・アーリン、初登板で日本式“洗礼” 序盤スクイズ決められ「驚いた」
<日・楽>日本ハムのアーリンが来日初登板で先発(撮影・沢田 明徳) Photo By スポニチ
 【パ・リーグ   日本ハム1ー4楽天 ( 2021年4月18日    東京D )】 来日初登板となった日本ハムの新助っ人アーリンが「洗礼」を受けた。1―0の2回無死満塁から9番・太田にスクイズを決められ同点。走者が詰まった満塁ではワインドアップから投球する左腕は、2回1失点にまとめたが「(スクイズは)想定していなかった。米国ではスクイズをするなら終盤。序盤にやってきたことには驚いた」と振り返った。
 栗山監督は左腕・早川対策として先発に右打者8人を並べたが、唯一の左打者・近藤の初回のソロによる1得点のみ。「打ってくれる形をつくっていかないと」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月19日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム