「サンデー・ガンケル」は勝利の合言葉 6回1失点の右腕は開幕4連勝 バットでも大量点の口火

2021年04月19日 05:30

野球

「サンデー・ガンケル」は勝利の合言葉 6回1失点の右腕は開幕4連勝 バットでも大量点の口火
<神・ヤ>開幕4連勝とした阪神・ガンケル(撮影・北條 貴史) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   阪神10ー7ヤクルト ( 2021年4月18日    甲子園 )】 一時的に空模様は崩れても助っ人右腕のパフォーマンスは“晴天”をキープした。ガンケルが6回5安打1失点で4勝目。投球中の降雨で18分間の中断に見舞われながらも集中力を切らすことなく、仕事を果たした。
 「幸いにも雨が続かなかったし、阪神園芸さんがグラウンド状態をキープしてくれた。幸運だった」

 1点リードの3回2死一塁、山崎に3球目を投げ終えたところで雨が強くなりベンチへ引き揚げた。嫌な間となりそうだったが、仕切り直しのマウンドで左飛に仕留めた。直後の3回の打席では先頭で中前打を放ち、一挙5得点の口火を切った。高校では中軸を打ち大学では二刀流だったといい「大量得点につながったのはうれしい」とうなずいた。

 右打者にはツーシームで内角を突き、外角のスライダーに距離を感じさせるような配球でヤクルト打線を手玉に取った。「自分の球種を投げ切れている。梅野さんと組んでいる時はあまり首を振っていない。意思疎通が取れている」。6回、青木に今季自身初めて適時打を許しチームの連続無失点を33イニングでストップさせたが、胸を張っていい内容だ。

 7連勝は全て先発に白星が付く中、自身は4戦連続クオリティースタートを記録し単独トップの4勝目。防御率は自責1で1・09に悪化するほどに良質な数字が並ぶ。開幕から4戦4勝は球団の外国人投手ではリーグ優勝した03年のトレイ・ムーア以来。ムーアともバッテリーを組んでいた矢野監督も「すごいね。月間(MVP)も見えてくるところにいるし。先発陣がみんな頑張ってくれているけど、その中で勝ち頭になってくれている。勝ち運を持ってくれている投手はありがたい」と称えた。

 「野球はチームスポーツ。守備、攻撃、みんなの要因が重なって4連勝できている。みんなに感謝しています」。今や「サンデー・ガンケル」は勝利の合言葉だ。 (遠藤 礼)

 ○…ガンケル(神)が開幕4連勝。阪神外国人選手では17年メッセンジャーとマテオの5連勝以来で、開幕4戦4勝は03年ムーアが記録して以来18年ぶり2人目。

 ○…9日のDeNA戦から7連勝中のチームは、2勝のガンケルをはじめすべて先発投手による勝利。延べ6投手がクオリティースタート(6回以上、自責3以内)で、16日の藤浪も5回2/3を自責0の力投だった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月19日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム