日大豊山・光永の「野球と競泳」二刀流成就するか…他競技でも活躍した中日・根尾らは高校で野球専念

2021年04月20日 06:10

野球

日大豊山・光永の「野球と競泳」二刀流成就するか…他競技でも活躍した中日・根尾らは高校で野球専念
バットを手に笑顔を見せる光永(撮影・白鳥佳樹) Photo By スポニチ
 前代未聞の挑戦だ。エンゼルス・大谷が「二刀流」で活躍する中、競泳と野球で大成を目指す高校1年生がいる。日大豊山(東京)の光永翔音(しょうおん、15)だ。野球では小6時にロッテジュニアに選抜された強打の外野手、競泳では4月の日本選手権に出場した逸材だ。
 日本では中学までは異なる競技で活躍していても、高校では1つに絞るケースがほとんど。中日の根尾は中学2年時にはスキーのアルペン種目の回転で全国優勝も果たしたが、大阪桐蔭では野球に専念した。日本ハムのドラフト2位・五十幡は全国中学陸上選手権の100メートルと200メートルでサニブラウンを破り優勝。陸上の強豪校10校以上からオファーがあったが、野球の強豪・佐野日大に進学した。

 日本ハムの清宮は小学3年までラグビースクールに通い、元早大ラグビー部監督の父・克幸氏は、息子の早実での二刀流挑戦を本気で模索した。しかし、1年生から本塁打を量産する姿を見て諦めたというエピソードもある。

 米国ではシーズンごとにスポーツの種目を変えてプレーするのは一般的。プロではボー・ジャクソンが80年代後半にNFLとMLBの両方でオールスターに選出され、90年代に活躍したディオン・サンダースはスーパーボウルとワールドシリーズに出場した唯一の選手となった。

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年04月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム