佐野日大・大関 公式戦初本塁打が決勝弾「変化球に体が勝手に反応した」

2021年05月06日 05:30

野球

佐野日大・大関 公式戦初本塁打が決勝弾「変化球に体が勝手に反応した」
決勝ソロを放った佐野日大・大関(撮影・柳内 遼平) Photo By スポニチ
 【春季高校野球栃木県大会準決勝   佐野日大8―7白鴎大足利 ( 2021年5月5日    宇都宮清原 )】 春季高校野球の栃木県大会は準決勝2試合が行われ、作新学院と佐野日大がともに1点差で競り勝ち、関東大会出場を決めた。
 両軍合わせて25安打の打撃戦は佐野日大の3番・大関日和(ひより、3年)の公式戦初本塁打で決着した。

 左の巧打者は7―7で迎えた8回に右翼越えへソロを放ち「変化球に体が勝手に反応した。場面が場面だったのでうれしい」と喜んだ。同じ外野手でOBの日本ハム・五十幡に憧れを抱く男は「打撃だけではなく走塁や守備で隙のない選手になりたい」と目を輝かせた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月06日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム