DeNA・三浦監督 代打策ズバリ!2者連続代打で全4打点 3カード連続勝ち越し

2021年05月06日 05:30

野球

DeNA・三浦監督 代打策ズバリ!2者連続代打で全4打点 3カード連続勝ち越し
<中・D>7回、代打・桑原の勝ち越し2点適時打で生還した牧(左)を迎える三浦監督(撮影・椎名 航) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   DeNA4―0中日 ( 2021年5月5日    バンテリンD )】 投手の継投と代打の起用。これが「ハマる」のが監督業の一番の醍醐味(だいごみ)だ。DeNA・三浦監督が必殺のカードを切ったのは0―0の7回2死満塁。ここで先発・浜口に代えて代打に桑原を送った。
 「彼の勝負強さに懸けた。非常に大きかった」。桑原は右前に決勝の2点打。さらに指揮官は間髪入れずに山下を打席に送ると、左前に2点打だ。立て続けの代打策がズバズバと成功。「緊迫した場面。結果が残せて良かった」と桑原が言えば、山下は「後ろにつなぐ気持ちだった。何とか食らいつくことができた」と振り返った。

 桑原は前日に2安打も、三浦監督は「総合的に判断した」と先発から外した。代わって勝野に対して今季の打率・333と好相性の神里を1番で起用。桑原は試合前の得点圏打率が・067だったが、決勝打はチームトップの3度目だ。さらに山下は先発起用した神里の代打。新人監督の勝負勘がさえた。試合前の練習。三浦監督は「定位置」の打撃ケージ裏にはおらず、グラウンドのあらゆる場所で選手や裏方さんらと言葉を交わす。チームの一体感を醸成しつつ、表情やしぐさなどを静かに見つめる。そんな観察眼も生きた。

 12球団で最も遅い10勝到達だが、今季初の3カード連続勝ち越しに「だんだんと投打がかみ合って、動き始めた感じ。この波に乗っていきたい」と言葉に力がこもる。こどもの日の思い出は「ずっと野球ばかり」と話す三浦監督だが41歳だった15年には23年連続白星のプロ野球タイ記録を達成したこともある。ゴールデンウイークも5勝2敗。巻き返しのムードが漂ってきた。(鈴木 勝巳)

 ≪12球団最遅10勝≫DeNAが今季12球団で最も遅い10勝目。開幕36試合目での10勝は54年の53試合、02年の42試合に次ぐ、球団ワースト3位のスロー到達になった。この日は桑原が代打で決勝の2点適時打。勝利打点は今季3度目で、チームトップだ。また、他にも2人が代打出場し、山下は2点適時打、蝦名は四球と全員が出塁。

 ▼DeNA・浜口(6回3安打無失点で2勝目。チームも今季初の完封勝利)調子は良かったけど、少し出来過ぎ。自分のボールで中日打線と勝負できた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月06日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム