巨人・原監督“変わり兜打線”で連勝!左腕対策で3&5番に右打者、左打者の丸は6番

2021年05月06日 05:30

野球

巨人・原監督“変わり兜打線”で連勝!左腕対策で3&5番に右打者、左打者の丸は6番
<広・巨> こどもの日にちなみ兜をかぶる原監督(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   巨人4―0広島 ( 2021年5月5日    マツダ )】 球場入りした原監督は報道陣に渡された折り紙の兜(かぶと)を頭に乗せ、いざ出陣。「子供たち頑張れ!」と声を上げ親指を突き上げて合戦へ歩を進めた。
 兜を絡めた視点で将の采配を見る。まずは打順の入れ替えだ。

 「左投手、右投手(に合わせて)いろいろ試行錯誤しながら最善策とは、なんぞやというところ」

 変わり兜は、兜のイメージを覆すウサギや牛を模した斬新なデザイン。左腕・高橋昂対策で右の好調ウィーラーを3番に、本調子ではない左の丸を6番に下げた。5番には右の中島を7試合ぶりに先発起用。4回に先制の中犠飛を放った。

 内兜を見透かすとは、相手の内情や弱点を見抜く意味。7回まで無失点のサンチェスを8回のマウンドにも送り出したが、左の代打・坂倉が送られると投球練習後に交代を告げた。相手の出方も見ながら8、9回に4投手を手際よく送り出し、完封リレーを決めた。

 2連勝。こどもの日は4連勝で首位・阪神とのゲーム差を3に縮め「それぞれ役割を持たせてそれをきちんと全うしてくれた」。勝って兜の緒を締める。(神田 佑)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月06日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム