中日・勝野、本拠地連勝6でストップ 終盤痛恨も与田監督「十分よく投げてくれた」

2021年05月06日 05:30

野球

中日・勝野、本拠地連勝6でストップ 終盤痛恨も与田監督「十分よく投げてくれた」
<中・D(9)>7回2死満塁、代打・桑原に先制となる右前2点適時打を打たれ、ガックリの勝野(撮影・椎名 航) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   中日0ー4DeNA ( 2021年5月5日    メットライフD )】 中日の勝野が6回2/3、4失点で2敗目を喫し、昨年8月1日のヤクルト戦から続いていた本拠地連勝が6で止まった。
 浜口と白熱の投げ合い。7回は先頭・佐野の二塁打から背負った2死満塁で代打・桑原に先制打を浴び降板し、「粘り足りなくて先制点を与えてしまい申し訳ない」と唇をかんだ。与田監督は8奪三振の力投を「十分よく投げてくれた」とねぎらった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月06日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム