明大 逆転優勝諦めん!陶山 リーグ戦1号「何が起こったか自分でもビックリ」

2021年05月17日 05:30

野球

明大 逆転優勝諦めん!陶山 リーグ戦1号「何が起こったか自分でもビックリ」
<早大・明大>5回、勝ち越しの2点本塁打を放つ明大・陶山(撮影・河野 光希) Photo By スポニチ
 【東京六大学野球 第6週第2日   明大4―3早大 ( 2021年5月16日    神宮 )】 明大の1番・陶山(すやま)が2安打3打点とチームを引っ張った。
 5回無死一塁ではリーグ戦初本塁打となる右越え2ラン。「何が起こったか自分でもビックリ」と目を白黒させながら、打率5割でリーグトップを快走中だ。チームも逆転Vの可能性は残しているだけに「一戦も落とせない。立大戦でも打ちたい」と目を輝かせた。

 ▼早大・小宮山悟監督(早慶戦へ)力の差は歴然としているが、何とか食らいついていく。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム