日本ハム・上沢 今季最多115球熱投も「後半に制球が乱れ」4勝目ならず

2021年05月17日 05:30

野球

日本ハム・上沢 今季最多115球熱投も「後半に制球が乱れ」4勝目ならず
<日・ソ>力投する先発の上沢(撮影・高橋茂夫) Photo By スポニチ
 【パ・リーグ   日本ハム2―2ソフトバンク ( 2021年5月16日    札幌D )】 日本ハムの先発・上沢は今季最多の115球を投げ、7回3安打2失点の好投も4勝目はお預けとなった。5回までは1安打のみに抑えるほぼ完璧な内容。6回も2四球を出しながら踏ん張ったが、2―0の7回2死二、三塁で明石に同点となる中前への2点適時打を許した。
 「後半に制球が乱れてしまい、打たれてしまった。絶対に粘らないといけないところで粘ることができず悔しい」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム