“サニブラウンに勝った男”日本ハム・五十幡 甲斐キャノンにも勝って二盗成功

2021年05月17日 05:30

野球

“サニブラウンに勝った男”日本ハム・五十幡 甲斐キャノンにも勝って二盗成功
<日・ソ>9回、二盗を決めた五十幡(撮影・高橋茂夫) Photo By スポニチ
 【パ・リーグ   日本ハム2―2ソフトバンク ( 2021年5月16日    札幌D )】 「世界の甲斐」の包囲網を初挑戦でかいくぐった。やはり日本ハム・五十幡の足は驚異的だ。2―2の9回、先頭の渡辺が中前打で出塁すると、栗山監督は満を持して代走で投入。初めて実現した「五十幡VS甲斐」のマッチアップに注目が集まる中、臆することなく仕掛けた。
 「(相手が甲斐で)逆にそれをいいプレッシャーにして決めてやろうと。やはり球界No・1の甲斐選手から走れたというのは大きな自信になる」

 1点を争う最終盤。サインは初球から自由にスタートできるグリーンライトだった。2球目には甲斐から一塁けん制が入るほど、警戒モードは最高レベル。その中で決してスタートは良くなかったが、「甲斐キャノン」が発動した中で二盗に成功した。今季盗塁阻止率リーグトップを誇る侍ジャパン正捕手候補に天を仰がせた。

 その後、2死満塁としながら得点を奪えずに引き分けに終わった。だが、日本ハムにとっては五十幡がベンチに残っていれば勝負どころでの代走として攻撃の幅が広がる計算が立ったことは大きい。栗山監督も「あの世界の甲斐捕手も凄く意識をしていて、あれだけマークされる中で行けたのは凄く自信になると思う。よく走ってくれた」と絶賛。シーズン最多106盗塁を決めた福本豊(阪急)を例に挙げ「100盗塁できる能力がある」と量産に期待した。

 「サニブラウンに勝った足VS甲斐キャノン」は今後、パ・リーグの新たな名勝負となりそう。五十幡は「どんどんチャレンジしていきたい」と鼻息荒く話した。(東尾 洋樹)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム