阪神・近本 5月デーゲームは驚異の打率5割 猛打賞に2得点「いい仕事ができた」

2021年05月17日 05:30

野球

阪神・近本 5月デーゲームは驚異の打率5割 猛打賞に2得点「いい仕事ができた」
<巨・神>4回、近本は中越え適時二塁打を放つ(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   阪神6-5巨人 ( 2021年5月16日    東京D )】 主役は陽川に譲っても「昼トラ」を演出したのは間違いなく阪神・近本だ。反撃の口火を切るタイムリーに、リードを広げる適時二塁打。2得点と自身も生還を果たす多様な働きで開幕からのチームのデーゲーム連勝を15(1分け挟む)に伸ばした。
 「いい仕事ができた一日だったと思う」

 初回、先頭で左腕の今村から左前打。左投手に対しては1割台の打率に抑えられてきただけに気分を良くすると、3回1死二塁で再び今村から右前に反撃の適時打。陽川の2ランで勝ち越した4回は、なおも2死二塁で2番手の右腕・平内から中越え適時二塁打し2日広島戦以来、今季3度目の猛打賞をあっさりと記録した。

 「何点あっても足りないくらいの試合だと思うので、後ろにつなげるようにと思っていましたし、結果的に点が入ってよかった」

 4月終了時点で・222だった打率は・270まで上昇。とりわけ、デーゲームではとにかく打つ。この日を含め5月のデーゲーム6試合で24打数12安打、打率・500で10得点。矢野監督も「さらにさらにというところでチカ(近本)が還してくれたのは大きい。チカが乗ってくるというのは、うちの野球のポイントになる。(調子が)上がってきたというのは頼もしい」とリードオフマンが本来の姿を取り戻しつつあることを喜んだ。

 宿敵との今季対戦成績も5勝4敗としまたリードを奪った。「この1勝はただの1勝ではないと思うし、とても大きい1勝だと思う。巨人はシーズンを通して勝たないといけない相手。また勝てるようにしっかりやっていきたい」。“真昼の男”だけではない。夏場に向け、背番号5はゴールデンにも進出する。(須田 麻祐子)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム