DeNA、拙攻ドロー 16安打もソト3ランだけ、13残塁に三浦監督「勝たないといけなかった」

2021年05月17日 05:30

野球

DeNA、拙攻ドロー 16安打もソト3ランだけ、13残塁に三浦監督「勝たないといけなかった」
<広・D>7回1死一、二塁、ソトは右中間に逆転の3点本塁打を放ち桑原(右)に迎えられる (撮影・奥 調) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   DeNA3―3広島 ( 2021年5月16日    マツダ )】 DeNAは毎回の16安打も13残塁。3併殺打と拙攻が響いて今季6度目の引き分けに、三浦監督は「何とかしたいという気持ちが強かったのか、あと一本が出なかった」と渋い表情だった。
 0―2の7回にソトが右越えに一時逆転となる5号3ランを放つも、8回に山崎が同点とされて投打の歯車もかみ合わなかった。指揮官は「勝たないといけなかった。勝てなかったのは残念でした」とうなだれた。

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム