巨人・平内プロ初黒星 原監督苦言「寝られないぐらい悔しがらないと」

2021年05月17日 05:30

野球

巨人・平内プロ初黒星 原監督苦言「寝られないぐらい悔しがらないと」
<巨・神> 4回無死一塁、陽川(左)に勝ち越しの右越え2ランを浴びる平内(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   巨人5-6阪神 ( 2021年5月16日    東京D )】 首位・阪神に負け越した巨人・原監督が「寝られないぐらい悔しがらないといけない」と指摘したのがドラフト1位・平内だ。先発の今村が3回に2失点。「流れを何とか変えたい」と新人右腕に4回を託したが、先頭を歩かせた直後に陽川に決勝2ランを浴びるなど2/3回を4失点でプロ初黒星を喫した。
 中継ぎで3試合目の登板。内容次第では次回の先発起用が見込まれていたが、制球が定まらない。最速156キロを誇る直球は、この日151キロが1球で、他は全て140キロ台だった。

 防御率は14・40。宮本投手チーフコーチは「1軍のレベルに達していない」と2軍降格を決めた。原監督は、一塁へのワンバウンド送球で失策を犯した遊撃の吉川にも「攻撃性がないと」と苦言を呈した。(神田 佑)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年05月17日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム