ロッテに大敗の阪神・矢野監督「1軍ではちょっと厳しい」 後半戦の左キラー候補の石井将は“落選”

2021年07月28日 22:26

野球

ロッテに大敗の阪神・矢野監督「1軍ではちょっと厳しい」 後半戦の左キラー候補の石井将は“落選”
<エキシビションマッチ 神・ロ(2)> 3番手で登板した阪神・石井将(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【エキシビションマッチ   阪神2ー9ロッテ ( 2021年7月28日    甲子園 )】 後半戦の「プラスアルファ」戦力の見極めを行っている阪神・矢野監督は、左のワンポイント候補だった左腕・石井将の投球に渋い表情を浮かべた。
 「今日の投球じゃ1軍ではちょっと厳しいかなと思う。ストライク、ボール、ボール、ボール…で。何て言うのかな、ピッチングができていないというのは、1軍ではちょっと苦しい」

 入団時よりも左腕の位置を下げ、左打者封じに特化した投手を目指している育成出身の26歳。6回2死一塁で左の安田を迎えた場面で、本番を想定して登板したが、3ボールから左中間へ適時二塁打。続く高浜にも四球を与えるなど、結果を出せなかった。

 はまれば、終盤の優勝争いでの秘密兵器になりそうだが、現状では合格点は出なかった。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年07月28日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム