中日・三ツ間 リリーフの切り札だ 変化球巧みに2回零封「無失点で帰ってくるのは、いつも心がけている」

2021年08月10日 05:30

野球

中日・三ツ間 リリーフの切り札だ 変化球巧みに2回零封「無失点で帰ってくるのは、いつも心がけている」
<中・西>5回から登板した三ツ間(撮影・井垣 忠夫) Photo By スポニチ
 【エキシビションマッチ   中日2-7西武 ( 2021年8月9日    バンテリンD )】 中日の6年目右腕の三ツ間が後半戦のリリーフ陣の切り札に名乗りを上げた。
 5回から登板し、多彩な変化球を駆使して打たせて取り、2回を1安打無失点。エキシビションマッチは計4試合計5回2/3を無失点に抑えた。前半戦は登板がなかっただけに「与えられたチャンスで無失点で帰ってくるのは、いつも心がけていること」と意気込んだ。

 3日に亡くなった木下雄介さんとは同じ独立リーグ、育成契約を経験した共通点もあり、親交があった。後半戦のチーム浮上のために全力で腕を振る。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月10日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム