広島・林 エキシビ1号 三塁死守へ“本番モード”「打撃を見直して、原点のようなものを発見できた」

2021年08月10日 05:30

野球

広島・林 エキシビ1号 三塁死守へ“本番モード”「打撃を見直して、原点のようなものを発見できた」
エキシビションマッチ<広・ソ>5回無死、中越えにソロを放つ林(撮影・岡田 丈靖) Photo By スポニチ
 【エキシビションマッチ   広島8-2ソフトバンク ( 2021年8月9日    マツダ )】 広島・林がリーグ戦再開を目前にして“本番モード”に切り替わった。3回1死一塁で右前打を放ち、5回先頭では尾形の直球を捉えて右中間へソロ。「自分のスイングをしようと思い切っていった」。エキシビションマッチは過去7戦25打数1安打(打率・040)の不調から脱して、後半戦の開幕三塁へ準備を整えた。
 バットを左肩に乗せて構えるなど、リーグ戦の中断期間にさまざまなタイミングの取り方を試してきた。そして、後半戦まで残り2試合となった時点で、グリップの高さを胸付近まで低く落とす前半戦に近い構え方に戻した。

 「やるべきことがはっきりしてきた。(不調は)疲れもあるかなと思っていたけど、そこではないな…と思った。ここ1カ月打撃を見直して、原点のようなものを発見できた」

 前半戦は打率・327、4本塁打で三塁の定位置をつかんでも、立場は安泰ではない。中断期間に好調の田中広が三塁で積極起用され、2軍では堂林が復調気配を見せている。佐々岡監督は「広輔もすごくいい。悩むところ」と競争を歓迎し、後半戦も三塁争奪戦は続く。「エキシビションでダメだったので、また一から(アピール)です」。三塁死守への危機感が成長を後押ししている。(河合 洋介)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月10日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム