広島・大道 6回1失点好投締め 前回の乱調から修正キッチリ 指揮官も安ど「試合をつくったことは評価」

2021年08月10日 05:30

野球

広島・大道 6回1失点好投締め 前回の乱調から修正キッチリ 指揮官も安ど「試合をつくったことは評価」
広島・大道 Photo By スポニチ
 【エキシビションマッチ   広島8-2ソフトバンク ( 2021年8月9日    マツダ )】 広島の大道がエキシビションマッチ最終登板を6回1失点の好投で締めた。
 先頭を4度出塁させながらも散発3安打に抑え、「前回がふがいなかったので後半戦開幕に向けてアピールしたかった」と汗を拭った。

 前回7月31日のロッテ戦は5回を7安打4失点。制球が定まらず四死球5と乱れた。佐々岡監督も「全体的に悪いところは修正していた。試合をつくったことは評価したい」と安どの息をついた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月10日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム