DeNA・浜口が復帰登板「100球以上投げられたのはよかった」

2021年08月10日 05:30

野球

DeNA・浜口が復帰登板「100球以上投げられたのはよかった」
オリックス戦に先発した浜口(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【エキシビションマッチ   DeNA2―11オリックス ( 2021年8月9日    京セラD )】 6月25日の阪神戦で左脇腹炎症を発症し離脱したDeNA・浜口が、1軍復帰登板。5回途中、107球を投げ3失点も「100球以上投げられたのはよかった」と振り返った。
 患部については五輪中断期間があったことで「中断でケアできた」とした。三浦監督は「(先発陣入りを)予定している。腕は振れていた」と評価。17日の阪神戦(東京ドーム)先発が濃厚で、チーム最多の5勝左腕がリーグ戦再開からローテーションに再び加わる。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月10日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム