【市川いずみの届け夏エール】49校の一斉行進に選手宣誓、生演奏 おかえりなさい球児の夏

2021年08月11日 05:30

野球

【市川いずみの届け夏エール】49校の一斉行進に選手宣誓、生演奏 おかえりなさい球児の夏
選手宣誓を行った小松大谷・木下仁緒主将(撮影・河野 光希) Photo By スポニチ
 【第103回全国高校野球選手権大会第1日 ( 2021年8月10日    甲子園 )】 おかえりなさい、球児の夏!台風一過の青空。昨日の雨で一層、青みを増した芝生。夏の甲子園が、2年ぶりに選手たちを迎えました。
 行進は場内1周ではなく、外野から本塁方向へ40歩ほど。それでも手拍子に合わせ、49校の選手たちが一斉に歩を進める光景は壮観でした。選手宣誓は小松大谷の木下仁緒主将。リハーサルでは“再試合”があった宣誓も、この日は一言一句、丁寧に言葉を紡ぎ「今までで一番の出来」と甲子園へ向かうバスの中で何度も唱えた成果を発揮しました。聖地での演奏を夢見てきた高校生にとっても夢舞台が帰ってきました。

 昨夏は交流試合、今春は選抜が行われましたが、ブラスバンドの演奏が認められたのはコロナ禍になってから今大会が初めて。50人という制限はあるものの、第1試合では米子東のアルプスから奇麗な音色が甲子園を包み込みました。

 4点を追う9回には高校球児に人気の応援歌「神風」が最高潮のボルテージで響くと、3連打で反撃。4連打で続いた長尾泰成主将は「大応援で鳥肌が立った。応援のおかげで打てた」。追いつくことはできませんでしたが、生演奏の力は届いていました。臨場感が帰ってきた甲子園。17日間の熱い夏がプレーボール!

 ◇市川 いずみ 京都府出身のフリーアナウンサー。山口朝日放送時代に高校野球の実況で「ANNアナウンサー賞最優秀新人賞」を受賞。高校野球検定に合格し自宅に甲子園の土を飾るほど生粋の高校野球好き。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム