智弁学園 14安打10得点大勝で夏5年ぶり初戦突破 エース西村が無失点投球でけん引

2021年08月11日 10:10

野球

智弁学園 14安打10得点大勝で夏5年ぶり初戦突破 エース西村が無失点投球でけん引
<倉敷商・智弁学園>力投する智弁学園先発の西村(撮影・河野 光希) Photo By スポニチ
 【第103回全国高校野球選手権大会 1回戦   智弁学園10-3倉敷商 ( 2021年8月11日    甲子園 )】 2年ぶりの開催となった第103回全国高校野球選手権大会の第2日は11日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合は2大会連続出場の智弁学園(奈良)が9年ぶり出場の倉敷商(岡山)を10-3で下し、夏5年ぶりの初戦突破となった。
 打線は先発・三宅に対し、4回に無死一塁から4番・山下のフェンス直撃の左越え適時二塁打で先制。なおも1死一、三塁で7番・森田がセーフティスクイズを決めさらに1点を追加した。

 5回は無死満塁から3番・前川の押し出し死球で3点目を挙げた。なおも1死満塁の好機から5番・植垣、6番・三垣の連続適時打などで一挙5点を奪うビッグイニングとなった。7回、1死二、三塁では7番・森田が左前適時打を放ち2点追加。さらに9番・西村が1死一、三塁でスクイズを成功させ、10得点目を挙げた。

 投げては、エースの左腕・西村が初回から3者凡退に抑える上々の立ち上がりをみせた。その後は6本の安打を許すもスコアボードに0を並べ、ピンチらしいピンチすら作らなかった。打たせて取るピッチングで倉敷商の打線を封じ込めた。9回には2年生・藤本がマウンドへ上がるも、無死一、二塁から5番・品田に左前適時打を浴び、降板。3番手に上がった小畠は2点を失うも、なんとか守り切り初戦突破となった。

 倉敷商は8回まで無得点と、なかなかチャンスを作れずに迎えた9回。無死一、二塁から5番・品田の左前適時打で1点追加。なおも、無死一、三塁の好機から6番・西川が中前適時打を放つなど3点を奪う粘りの野球をみせるも及ばなかった。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2021年08月11日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム