死球交代の智弁学園・植垣、上顎骨にひび 次戦は今後の様子をみて判断

2021年08月11日 15:05

野球

死球交代の智弁学園・植垣、上顎骨にひび 次戦は今後の様子をみて判断
<倉敷商・智弁学園>5回1死満塁、智弁学園・植垣は右前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【第103回全国高校野球選手権1回戦   智弁学園10―3倉敷商 ( 2021年8月11日    甲子園 )】 倉敷商戦で、7回表の打席で死球を受け、交代した智弁学園の植垣洸捕手は、西宮市内の病院で検査した結果、上顎骨にひびが入っていることが判明した。次戦については、今後の様子をみて判断する。
 ▼植垣 バントの構えをして、ボールがきて「やばい」と思いました。よけられると思いましたが、気づいたら当たっていました。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月11日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム