阪神・アルカンタラ 救援適性抜群!初リリーフ1回7球斬り 後半戦配置転換へ「いい感じで投げられた」

2021年08月11日 05:30

野球

阪神・アルカンタラ 救援適性抜群!初リリーフ1回7球斬り 後半戦配置転換へ「いい感じで投げられた」
9回に登板して1イニングを無失点に抑えたアルカンタラ(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神0-2楽天 ( 2021年8月10日    楽天生命 )】 阪神・アルカンタラが堂々の救援デビューを飾った。後半戦での配置転換が決まっており、9回に来日初の救援登板。1イニング、打者3人をわずか7球で抑え、適性を示した。
 「いい感じで投げられた。真っすぐの走りも悪くなかった。全体的に良かったと思う」

 7月13日以来となる実戦マウンド。先頭の代打・和田を3球で空振り三振に仕留めると、続くカスティーヨへは3球連続でストレート勝負を挑み、高めの154キロで力ない捕ゴロに抑えた。最後はオコエを初球のキレあるスライダーで遊ゴロ。完璧に役割を果たした。

 矢野監督も「やっぱり威力あるボールを投げてくれていたんでね。力になってくれるんじゃないかなというところを見せてくれた。安心材料」と及第点を与えた。

 一時帰国を経てパワーアップ。「先発でもリリーフでも全力で腕を振ることに変わりはない。優勝できるように、与えられた場面で全力で投げていきたい」。ブルペンの厚みは確実に増した。(山本 浩之)
続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム