阪神・藤浪 後半戦へ納得5回2失点!スプリットに手応え「感覚をつかむという点では良かった」

2021年08月11日 05:30

野球

阪神・藤浪 後半戦へ納得5回2失点!スプリットに手応え「感覚をつかむという点では良かった」
<楽・神>5回2失点の投球を見せた藤浪(撮影・大森 寛明) Photo By スポニチ
 【2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神0-2楽天 ( 2021年8月10日    楽天生命 )】 阪神・藤浪は5回4安打2失点と前回登板から良化した内容でローテーション候補として生き残った。
 「全体的には使いたい球種も投げられたし、投げたいコースにも投げられた」

 3連打で2点を失った4回を除けば楽天打線を寄せつけず。3日オリックス戦で精度を欠いたスプリットで2個の空振り三振を奪い「感覚をつかむという点では良かった」と後半戦に向け手応えを口にした。

 矢野監督は「全体的に状態は良かった」と評価した上で「ガンケルが先発のところに晋太郎が合わすのが一番いい。ガンケルの状態が整わない時は晋太郎がそこに入る」と説明。一時帰国し、実戦から遠ざかるガンケルの次回2軍戦(12日のソフトバンク戦)の結果次第では藤浪がローテ入りすることとなり「いい準備、いい練習を過ごしていきたい」と前を向いた。(遠藤 礼)

この記事のフォト

続きを表示

おすすめテーマ

2021年08月11日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム