ヤクルト・塩見 球団7人目のサイクル安打達成!今季2人目 プロ野球史上71人目&76度目

2021年09月18日 19:50

野球

ヤクルト・塩見 球団7人目のサイクル安打達成!今季2人目 プロ野球史上71人目&76度目
<巨・ヤ>6回1死、高梨から左二塁打を放ちサイクル安打を達成した塩見(撮影・光山 貴大) Photo By スポニチ
 【セ・リーグ   ヤクルトー巨人 ( 2021年9月18日    東京D )】 ヤクルトの塩見泰隆外野手(28)が18日の巨人戦でプロ野球史上71人目、76度目となるサイクル安打を達成した。今年の8月25日にDeNAの牧が達成して以来となる今季2人目。球団では山田が18年7月に達成して以来7人目となった。
 前日17日の巨人戦でプロ入り初の満塁本塁打を放った塩見の勢いが止まらない。「1番・中堅手」で先発出場し、初回の第1打席で右前打で出塁してチームの先制を呼び込んだ。

 続く1―1の3回、先頭で迎えた第2打席では右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、山田の犠飛で勝ち越しの本塁を踏んだ。

 さらに2―1の4回1死一、二塁で迎えた第3打席では巨人・先発メルセデスが3ボール2ストライクからの7球目、甘く入ったスライダーを右翼席に運ぶ2試合連発の今季12号3ランを放ち、サイクル安打に王手をかけた。

 そして5―4の6回に迎えた第4打席で3番手の高梨から左翼線への二塁打を放ち、サイクル安打を軽々と達成した。塩見はこれで前日から7打席連続出塁の“無双状態”となっている。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年09月18日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム