大谷 来季も二刀流に心強い援軍、「ドライブライン」スタッフがアナリスト就任

2021年10月20日 05:30

野球

大谷 来季も二刀流に心強い援軍、「ドライブライン」スタッフがアナリスト就任
エンゼルスの大谷翔平 Photo By スポニチ
 エンゼルスの大谷に心強い援軍だ。昨オフに訪問した米シアトル郊外のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」のスタッフ、コナー・ヒンクリフ氏が来季のエンゼルスのピッチング・アナリストに就任すると、自身のツイッターで明かした。
 大谷は今季、ドライブラインが考案したプライオボール(重さの違う6種類のボール)での「壁当て」をルーティンに導入。肩肘の強化や投球フォームの再現性の向上などにつなげた。ヒンクリフ氏は「来季のチャンピオンリングを懸けた戦いが待ち切れない」と抱負を述べた。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年10月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム