日本ハム・近藤“大先輩”松坂との対戦「一生の宝物」、栗山監督「やり切った感が表情にあった」

2021年10月20日 05:30

野球

日本ハム・近藤“大先輩”松坂との対戦「一生の宝物」、栗山監督「やり切った感が表情にあった」
<西・日>場内一周のとき、日本ハムの(左から)近藤、万波、高浜、浅間とあいさつをかわす松坂。右端は拍手をおくる栗山監督(撮影・尾崎 有希) Photo By スポニチ
 【パ・リーグ   日本ハム6-2西武 ( 2021年10月19日    メットライフD )】 横浜高の後輩となる日本ハムの近藤が「1番・DH」で出場し、松坂の投球を目に焼き付けた。四球を選ぶと「引退試合に立ち会えただけでも幸せですが、対戦できたことは一生の宝物」と感無量の面持ち。
 投球後、一塁側ベンチ近くで頭を下げた松坂に栗山監督も「大輔の顔を見てやり切った感が表情にあった。それを見られただけでも幸せだし、同じ野球人としてその場所にいられて本当に感謝しています」と話した。チームは快勝し、4月1日以来の最下位脱出を果たした。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年10月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム