大輔“生みの親”日本ハム・荒木コーチ「最後まで彼らしい姿」、一塁ベンチから松坂ラス投見届けた

2021年10月20日 05:30

野球

大輔“生みの親”日本ハム・荒木コーチ「最後まで彼らしい姿」、一塁ベンチから松坂ラス投見届けた
日本ハム・荒木コーチ Photo By スポニチ
 【【西武・松坂大輔投手引退試合】パ・リーグ   日本ハム6-2西武 ( 2021年10月19日    メットライフD )】 高校野球で活躍し、「大輔」が松坂の名前の由来となった日本ハムの荒木投手コーチは、一塁側ベンチから現役最後の登板を見届けた。
 「本当にやり切ったと思う。最後まで彼らしい姿を見ることができてうれしかった」。04年から3年間は西武の1軍投手コーチとして松坂とともに戦い、「一緒にライオンズのユニホームを着ていた頃はホームが一塁側ベンチで同じ光景だったので、懐かしい感じがした」と感慨に浸った。
続きを表示

おすすめテーマ

2021年10月20日のニュース

野球のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム