侍ジャパン・栗山監督がスポニチ大会を視察「短期決戦の勝ち方のヒントがある」

2022年03月09日 20:12

野球

侍ジャパン・栗山監督がスポニチ大会を視察「短期決戦の勝ち方のヒントがある」
侍ジャパン栗山監督 Photo By スポニチ
 侍ジャパンの栗山英樹監督(60)が9日、神宮球場でスポニチ大会最終日を視察した。
 今月5、6日に予定された台湾代表戦が中止になる中、アマの試合や大会の視察にも力を入れる方針。準決勝からトーナメントに入った各チームの戦いぶりに目をこらして「(社会人野球は)短期決戦の勝ち方のプロ。選手の使い方、選手交代や作戦とかを研究しないといけない時期に来てる。戦い方や考え方にヒントがある」と強調し、短期決戦となる来年3月のWBCを見据えた。

 さらに、選手選考は「幅広く広げていく」とアマ選手にも枠を広げていく考えを改めて示して「選択のとき“この選手は知らない”ということはないようにしたい」と注目選手のプレーを入念にチェックしていた。

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム
`; idoc.open(); idoc.write(innerHTML); idoc.close(); });