ヤクルト・内山壮「少しでも食い込めるように」打で正捕手アピールだ

2022年03月09日 05:30

野球

ヤクルト・内山壮「少しでも食い込めるように」打で正捕手アピールだ
<楽・ヤ>2回を投げ終えベンチに戻る内山(右)と高梨のヤクルトバッテリー(撮影・村上 大輔) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ヤクルト0ー5楽天 ( 2022年3月8日    静岡 )】 ヤクルトで打てる捕手として期待されているのが、高卒2年目の内山壮。星稜では奥川の1学年後輩で、1メートル71と小柄ながら高校通算34本塁打のパンチ力が魅力だ。
 高津監督から「一回、古田さんに会わせたい」と1軍キャンプに抜てきされ、古田臨時コーチの指導を受けた。オープン戦はこの日の楽天戦に「5番・捕手」で先発出場するなど、7試合に出場。「少しでも食い込めるようにしたい」とアピールを続けている。

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム