阪神・ロハス 2年目の進化、開幕左翼譲らない!苦手左腕攻略で先制&決勝2点二塁打

2022年03月09日 05:30

野球

阪神・ロハス 2年目の進化、開幕左翼譲らない!苦手左腕攻略で先制&決勝2点二塁打
<神・広>6回無死満塁、ロハスは2点適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神10ー3広島 ( 2022年3月8日    甲子園 )】 2年目の進化を証明する一打だ。阪神のロハス・ジュニアが同点で迎えた6回無死満塁の好機で集中力を発揮した。左腕・森が2球続けた117キロのカーブに反応し、ワンバウンドで中堅フェンスに達する2点二塁打。変化球への対応と伸びる打球などネット裏の各球団スコアラーもメモを取る手を動かした。
 「打点を稼ぐいいチャンスだったからね。キャンプであまり打点を稼げなかったので、いいボールを待って、打点につなげることを意識していたんだ」

 2回には1死三塁から先発・床田の初球144キロ直球を捉え、三遊間を破る左前適時打。今春オープン戦で初の2桁得点へ口火を切った。左腕に対する右打席で先制打、そして決勝打で計3打点。争ってきた開幕左翼の座へ大きく前進した。

 床田にはチームとして昨季3勝(1敗)を献上し、個人的にも3打数無安打。「タイガースはこんなバッティングをするんだというのを彼に見せることができたのはチームにとっても良かった」と笑顔を見せた。6日の楽天戦での初球打ちの二塁打から、直近2試合で5打数3安打3打点。昨季は打率・148に終わった課題の左投手に結果を出すとともに、打席での積極性も加わった。簡単に追い込まれ、苦しんだ昨年からは明らかに変わろうとしている。

 矢野監督も「上がってもらわないと困る存在。変化球を捉えて中身もしっかりしたものが出た。チャンスが生まれる打順だし」と得点力アップにつながる「6番・ロハス」に期待を高めた。

 「いい感じで右打席で打てた。この感覚が大事。100%のパワフルな力でシーズンに入りたい」。ひと振りで仕留める積極打法で開幕に照準を合わせた。元気な糸井がいて、江越、小野寺、島田も狙う激戦区だが、ポジションは譲らない。(鈴木 光)

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム