×

若虎が躍動!途中出場組が1軍残留を猛アピール 江越が島田が6回適時打!小野寺&遠藤9回栗林撃ち

2022年03月09日 05:30

野球

若虎が躍動!途中出場組が1軍残留を猛アピール 江越が島田が6回適時打!小野寺&遠藤9回栗林撃ち
<神・広>6回、江越は中前適時打を放つ Photo By スポニチ
 【オープン戦   阪神10ー3広島 ( 2022年3月8日    甲子園 )】 若虎たちが1軍残留へバットで猛アピールだ。2―2の6回、ロハス、江越の適時打で3点を奪い、なお1死満塁で6回守備から出場していた島田が中前適時打。熊谷が押し出し四球を選び、小野寺も中前2点打するなど、途中出場組がそろって結果を出し、一挙8得点の猛攻を呼んだ。
 「こういうのがレベルの高い競争というか、こっちが望んでいるところ。後からいく選手もいいところがたくさん出たので、いい競争になっている」

 春季キャンプでは若手について「もっと激化する競争にしたかったんですけど」と不満も口にしていた矢野監督も納得の表情だ。9回には昨季レギュラーシーズン8度の対戦で4安打無得点に抑えられた栗林から小野寺、遠藤が連打。「暖(小野寺)も島田も遠藤もチャンスが少ない中で(よく)やれた」と久々に目尻を下げた。

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム