阪神 鳴尾浜では2日連続のシート打撃 昇格を狙う斎藤、小林が矢野監督の前でアピール

2022年03月09日 11:59

野球

阪神 鳴尾浜では2日連続のシート打撃 昇格を狙う斎藤、小林が矢野監督の前でアピール
<阪神2軍練習>シート打撃に登板した小林(撮影・坂田 高浩) Photo By スポニチ
 コロナ禍で調整が遅れていた阪神の2軍が9日、西宮・鳴尾浜で2日連続のシート打撃を行い、1軍オープン戦合流を目指す斎藤友貴哉投手(26)、小林慶祐投手(29)、加治屋蓮投手(30)の3投手が、矢野監督らの前で登板した。
 安芸キャンプでも球威をアピールしていた斎藤は、調整中の中野からフォークで空振り三振を奪うと、小幡には中前打されたが、長坂、高山をいずれも最後は直球で空振り三振に仕留め、打者7人に安打性1本、3奪三振の内容。小林もカーブ、フォークをまじえて打たせて取る投球で打者8人に安打性2本、加治屋も打者7人に安打性2本と、実戦ブランクを感じさせない内容を披露した。

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム