ヤクルトのオープン戦1号は内山壮真 代打で左越えソロ 高津監督の「小さくならず」に一発回答

2022年03月09日 15:14

野球

ヤクルトのオープン戦1号は内山壮真 代打で左越えソロ 高津監督の「小さくならず」に一発回答
オープン戦<楽・ヤ>6回2死、代打・内山壮が同点ソロ本塁打を放つ(撮影・村上 大輔) Photo By スポニチ
 【オープン戦   ヤクルト─楽天 ( 2022年3月9日    静岡 )】 ヤクルトの内山壮真捕手(19)が、チーム30イニングぶりの得点をもたらした。0―1の6回2死、代打で登場。酒居の134キロ直球をフルスイング。チームのオープン戦1号を左翼席最前列に運んだ。
 「試合前に高津監督に“小さくならずどんどん思い切っていきなさい”と言われたので、ストレート一本に絞って思い切って打ちにいきました。自分のスイングが出来て良かったです」
 1メートル71と小柄ながら高校通算34本塁打のパンチ力が魅力。指揮官が「打てる捕手」として期待する高卒2年目の19歳がアピールした。 

おすすめテーマ

2022年03月09日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム