【甲子園】敦賀気比の東監督 13点大勝で春夏通算30勝 春は初戦敗退で「リベンジをとやってきた」

2022年08月08日 16:44

野球

【甲子園】敦賀気比の東監督 13点大勝で春夏通算30勝 春は初戦敗退で「リベンジをとやってきた」
<高岡商・敦賀気比> 試合に勝利し、挨拶に向かう敦賀気比ナイン (撮影・後藤 大輝) Photo By スポニチ
 【第104回全国高校野球選手権第3日・1回戦   敦賀気比13―3高岡商 ( 2022年8月8日    甲子園 )】 4大会連続11度目出場の敦賀気比(福井)が5大会連続22度目出場の高岡商(富山)と対戦。16安打を放って13-3で勝利し、3大会連続となる初戦突破。甲子園で春夏通算30勝目を挙げた。
 初戦唯一の「同地区対決」。敦賀気比打線は初回、1死一、三塁に4番・上加世田、5番・高見沢の連続適時打に6番岡村の左前打を左翼手がファンブルする間の得点など5連打と連続四死球による押し出しで4点を先制。2回にも2死二塁に高見沢の中前適時打で加点した。

 5-3で迎えた6回2死一、二塁には上加世田の一塁手への当たりが敵失となり加点、さらに捕逸でも再びリードを広げた。7回1死一、三塁にも9番・渡辺の左前適時打で加点。9回にも暴投や渡辺の一ゴロ、敵失などで5点を奪ってダメを押した。

 守っては先発右腕・上加世田が3点を失ったが、5回1死一、ニ塁から登板した2番手の左腕・清野が好リリーフ。9回2死まで無失点に、最後は3番手の1年生左腕・竹下が締めて逃げ切った。

 選抜大会は2015年に優勝経験があるが、夏の甲子園大会は1995年、2014年の4強が最高成績。今春選抜は初戦の広陵戦0-9と完敗しており、借りを返しての好発進となった。

 東哲平監督は「選手たちが本当にこの夏の甲子園で、春の選抜のリベンジをするということでやってきましたので、なんとか1勝できて次につながることができて良かったと思います」と安堵(あんど)した。初回に4点を先制し、「甘い球が多かったのでそこを逃さず積極的に打っていこうということで」。後半も着実に得点を重ね16安打13得点を奪ったが「まだまだ無駄なフライアウトとかが目立ってるんで、次までに修正して、もっともっといい攻撃ができるようにしていきたいなと思います」と前を向いた。

 守りでは14安打を許しながらも高岡商打線を3失点に抑えたが、「本当に高岡商業さんも上加世田のことを凄く研究してるっていうのが分かったので、凄くいい打者が多くて粘り強かったです。(上加世田は)悪くはなかったんですけど、相手の打者も凄く研究して、いいスイングしてたので」と感想。5回、清野への交代については「どうしても他の打者にタイミング合っちゃってたので、変えるしかなかったんですけど。本当に力みなくしっかりと投げ切ってくれてたので、良かったと思います。自信になったのかなと思います」と称えた。

 次戦に向けては「こういう甲子園という舞台で野球をやらしてもらっている以上、悔いのないようにしっかりと一戦一戦、精いっぱい戦わせていきたいなと思います」と力を込めた。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2022年08月08日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム