大谷翔平 左足踏まれるアクシデントなんの!足引きずりながら…今季100安打到達 エ軍は連勝ならず

2022年08月08日 08:03

野球

大谷翔平 左足踏まれるアクシデントなんの!足引きずりながら…今季100安打到達 エ軍は連勝ならず
 <マリナーズxエンゼルス> 3回、ゴンザレスに足を踏まれて苦しむ大谷(撮影・大森  寛明) Photo By スポニチ
 【ア・リーグ   エンゼルス3―6マリナーズ ( 2022年8月7日    シアトル )】 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は7日(日本時間8日)、敵地Tモバイルパークでのマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第2打席の前のプレーで相手の先発と交錯するアクシデントがあった中、執念の安打を放つなど4打数1安打だった。チームは3-6で敗れた。
 大谷にアクシデントがあったのは、0―1で迎えた3回1死二塁の場面。ネクストバッターズサークルの大谷は1番・ウォードの左前打で二塁から一気に本塁を狙った走者の指示のために本塁後方へ向かったが、同じくベースカバーに向かった相手の先発左腕ゴンザレスに左足を踏まれると、その場で左足首付近をおさえ、しばらくもん絶した。

 直後の打席では空振り三振を喫したが、5回の第3打席で左前打をマーク。足を引きずりながらも一塁へと達した。これで2年連続となるシーズン100本目の安打到達。

 初回1死無走者からの第1打席は二ゴロ、2番手ムニョスとの対戦となった7回の第4打席はニゴロだった。

 前日6日に行われた同カードダブルヘッダーはともに「2番・DH」でスタメン出場。第1試合は4打数無安打。第2試合は犠飛で打点を挙げたものの、3打数無安打1四球と、第1試合と合わせて計7打数無安打、打率は・253としていた。

この記事のフォト

おすすめテーマ

2022年08月08日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム