「めちゃめちゃ」生きている中継ぎ経験 阪神・村上がつかんだ試合の流れを読む嗅覚

2023年05月31日 07:30

野球

「めちゃめちゃ」生きている中継ぎ経験 阪神・村上がつかんだ試合の流れを読む嗅覚
23日ヤクルト戦の5回、3者連続三振を奪った村上(撮影・平嶋 理子) Photo By スポニチ
 【交流戦   阪神3―1西武 ( 2023年5月30日    ベルーナD )】 【記者フリートーク】開幕をブルペンの一員として迎えた阪神・村上。中継ぎの経験は、先発で快進撃を続ける今でも「めちゃめちゃ」生きているという。
 「先発は長いイニングかもしれないですけど、リリーフをやったことによって一人一人抑える意識とか、ここの先頭打者が大事とか…。かなり(先発でも)思うようになりました」

 経験を生かせた例に挙げた場面が、23日のヤクルト戦だ。3点リードの5回1死満塁で佐藤輝、森下が連続三振に倒れた直後、「ちょっと嫌な流れかなってところで、そこでもう一回、先頭が大事という意識でリリーフの感覚でいったのが良くて抑えられた」と、3者連続三振で相手に流れを渡さなかった。救援待機を経てつかんだ試合の流れを読む嗅覚が、ここまでの躍進を支えている。(阪神担当・阪井 日向)

おすすめテーマ

2023年05月31日のニュース

特集

野球のランキング

【楽天】オススメアイテム